嫌いってことは、好きになる余地があるってことだよ。

書きたいから書いていて、

そのときのエネルギーがわーーーーー!!!って放出されている、

そんな感じのブログですね。


いつも割とぎゅんぎゅんに上がっちゃってる

きゃぴきゃぴるんるんな感じの記事というか、

言葉が多いな~となんとなく、思います。


そしてだいたい翌朝になって、

突っ走っちゃったよ、調子乗っちゃってるよ、

って思ってしょんぼり、

テンションの揺り戻しが起きたりするんだけど、

意外と記事好評だったりして、

なにがよくて、なにがわるいって、

ないよね、そうなると。


っておもう。


書きたいこと、

特に思い浮かばなかった、というか、

今週すっごく感謝が溢れてたり、

愛をたくさん受け取ったり、

していてきらっきらしていたんだけど、

今日は、お仕事に追われて、

ちょっぴりてんぱっていて、

あんまり、透き通ってなかった感じがするから、

書くのも、どうかな、と、思ったりもしたけど、

いや、そういう日にこそ、

ゆるしが必要だったりするじゃん。


ゆるさなくちゃいけない。

とか、そういうのは違って、

ただ、そういう日だなぁ~って

そのまんま受け取る時間が、

呼吸が、必要なのだ。


そう、感謝に満ち溢れている瞬間にも

ときどき、こわいとおもうことがあるのだ、

この好調さは続かないんじゃないか、

っていう、こわさ。


夏至が過ぎてしまったのも。


だって、これからどんどん

日が短くなっていってしまう!!!!!


わたしは冬がにがてで、

寒いのがにがてで、

というか、さむいとさみしくなって、

ネガティブ思考が湧き出やすい、

(と、思いこんでいる、今まで、苦しい時期が寒い時期と重なっている、気がしている)

からである。


すべて変わり続けるのだ、

それが自然なのだ、

それを受け取り、見続けることしか、わたしたちにはできないのだ。


わたしはそれをすることができるし、

というかし続けてきた。


でも、感じ方というのは

変わる。


わたしね、お花があんまり好きじゃなかったんだ。


もらうのとか、そもそも見ても、

ふ~んって感じだったの。w


なんでかというとね、

枯れちゃうから。


枯れた姿はきたなくて、醜い、って、おもってた。

ゴミになっちゃうのにもらっても困る、って。


それってさ、

なんていうか、

年をとる、老いることへの恐れ、にも通じるものがあるなって

なんとな~く、感じていたの。


まぁ、そう思ってしまうのは仕方ないし、

好きじゃない、ってところで、

そのままにしていたんだけど。


でも今は、お花好きなんだよね。


なんか、今、美しい瞬間を受け取ろう、って思ったからなのか、

老いることを受け入れたからなのか、

それは、よく、わからないんだけど、

お花が好きになったの。


きれいだな~って

写真撮るのが好きになったからっていうのもあるかもしれない。


だから、冬のことも、

苦しいだけじゃなくて、

受け取れるようになるかもしれないなって、

思うんだよね。


いや、好きだよ、こたつのぬくぬくした感じとか、

毛布でごろごろするのとか、

空が澄んで、星がきれいに見えるのとか、

寒さがゆるんで春が来たときのよろこびがあることとか、

好きだけどね!


もっと、好きになれる可能性がある。


そんな、のびしろを持った、わたしです。


(変なまとめ方)


大分の、バラ園、

大神ファームにて。

たっくさんの種類のバラがあって、

いろーんな色と形があって、

どれもフォトジェニック!で、楽しかった・・・♡


紫陽花も撮りたいなぁ、

鎌倉の長谷寺とか、有名だよね。

でも、毎週通っている図書館の途中にも

紫陽花咲いてた。

紫と青と薄いピンクが同居して、綺麗だったなぁ、

って、おもうと、

どこか、わざわざ行かなくてもいいじゃん。


道端に咲いているお花のひとつひとつも

愛でていたら、

世界はもっともっと愛おしいものになっていくとおもう。


こんどこそ、おしまい。

nana's Healing World

いつでも、世界は愛に満ちている。 あなたが知っていても、いなくても。

0コメント

  • 1000 / 1000