【開催のご報告】6/25 こころにふれる、瞑想アート

開催いたしました。


参加者の募集を2名様とさせていただき、

ごくごく少人数での開催としたのは、

私自身、この時間をこころゆくまで堪能したい、というおもいから、です。


自分のおもいを、

パステルや、顔彩という絵具を使って

紙の上に表現することは

言葉を使って表現とはまた違ったものが現れてきます。


それは言葉のもっともっと、奥にある、

言葉になる前の

根源的な、おもい。


そして、大変不思議なことに、

それを色をつかって、

表現すればするほどに、

言葉となって、メッセージが降りてくるのです。


「いま、感じていること」

才能を自由に、輝かせたいの。



「本当に望むモノ」

行動することも、愛。

見守ることも、愛。



「わたしに必要なこと」


調和しないことを

恐れなくても

いいんだよ



描きながら、

絵が、伝えてくれるのです。


わたしが何を感じているのか、

どうしたいのか、

どうすればいいのか。


そして、どうやらわたしは、

ほかのひとのものを見た時にも、

それがわかるようなのでした。。


その人がどんなおもいでその色を使ったのか、

表現したのか、を、聴きながら、

本当に望んでいるものや

向かっている方向性をキャッチして

それを本人にお伝えしていく・・・。


表現することも、もちろん

とてもたのしかったのですけれど、

そのフィードバックのお時間も、とても充実して、

豊かな時間でした。。。


面白いのは、

ひとそれぞれに、表現のしかたが異なること。


絵具の使い方、色の選び方、力強さ。

ほかのひとの作品を見ることにより、

こういうやり方があったんだ!という発見をする。

それがまた自分の作品にも影響を受けていく・・・。

そんな連なりも、ワークショップならではの楽しみなのかな、と感じていました。


今後も、開催していきたいと思っておりますので、

タイミングが合いましたら、

ぜひご一緒できたらうれしいです。。



最後に、

わたしの大切なもの、というテーマで描いた、1枚。


「愛で、在ること」

nana's Healing World

いつでも、世界は愛に満ちている。 あなたが知っていても、いなくても。

0コメント

  • 1000 / 1000